管理職サラリーマン。

様々な職種を経験してきた中途半端な管理職サラリーマンが贈るブログ

サラリーマン基礎力

非管理職でも年収1000万円が狙える学生に人気の企業たち

広告代理店、総合商社、メガバンク、保険の年収について、OpenWork(旧:Vorkers)を使って調べてみました。 就活生の親世代の世間体を考えるのであれば、こういった企業は人気そうなので、親の影響を受けている子供が入社したいなと考えるのは分からなくもな…

専務、常務、部長の誰が役員報酬額をたくさん貰っているのか

企業において、役員っていうとなんか偉い人なんだなと思いますよね? 特に、新卒社員からみると雲の上の存在で、誰が偉いのか訳わからないですよね。 常務よりも専務の方が偉いっていうけど、報酬はどれくらい違うのかな?とか色々と想像しちゃいますよね。 …

将来必要とされる真のスキルとは

今回は、将来必要とされるスキル(能力)について取り上げます。 2018年に開催されたダボス会議の報告書から分かる将来に本当に必要とされる能力について、私なりに解釈した内容を書いてみました。 以前に取り上げた以下の記事の続きとなります。 www.pdm.to…

事務職はRPAによって職を奪われていく

RPAという用語はご存知でしょうか。 実は大企業でもどんどん導入が進んでいます。 まだ導入されていないとしても、実は裏で派遣切りや事務職の人員を削るために、プロジェクトとしてRPA導入検証は進められているはずです。 今回はそんなRPAについてです。 前…

ダボス会議で議論された将来不要な能力

世界経済フォーラム、通称「ダボス会議」で議論されたAIや自動化によって、今後需要が落ちる能力について取り上げていきます。 2018年に開催されたダボス会議では、人工知能(AI)やロボットの開発進展により、2025年までに半数以上の仕事はロボットな…

年齢=経験ではないという当たり前の話

私自身、年齢≠経験というのは当たり前だと思っていますが、日本社会では年齢によって、その人の経験や実力を推し測ろうとしますよね。 こんな考え方はやめましょうという話。 忘年会シーズンで、飲み会の席で結構マウント取る人いるんじゃないかなと。 あと…

IT業界の闇は客先常駐(SES)にあり!

IT業界ではよくSES(System Engineering Service)と呼ばれる業務委託をして、開発や運用、カスタマーサポートの人員を補っています。 今回は、そんなSESについて取り上げます! ここで紹介するSESはあくまでも負の側面にフォーカスしている記事となっていま…

【第7回】二重派遣とは?偽装請負との関係について

前回は偽装請負(偽装準委任)について取り上げました! www.pdm.tokyo 今回は、偽装請負が発生する背景の一つとして二重派遣があるので、その二重派遣について取り上げます。 1. 二重派遣とは、派遣の派遣!! 1.1 二重派遣で違法となるのは派遣会社(大元…

【第6回】偽装請負と偽装準委任について解説

請負契約と準委任契約については、以前に取り上げました。 www.pdm.tokyo 偽装請負と偽装準委任は、何に偽装しているのかというと派遣契約に偽装しています。 派遣契約についてはこちらで取り上げてます。 www.pdm.tokyo つまり、本来は労働者をしっかりと保…

【就活生向け】地方公務員トップの都庁職員(東京都職員)、年収や昇格ルートについて

以前に、民間の大企業に就職して、出世していくとこんな感じですという内容を取り上げました! https://www.pdm.tokyo/entry/201909/shuukatu-big-companywww.pdm.tokyo 今回は、公務員の中でも大多数を占める地方公務員について取り上げます! 地方公務員の…

【第5回】派遣契約の3年ルールに詳しく解説

前回は派遣契約について取り上げました。 www.pdm.tokyo 今回は派遣契約でよく出てくる3年ルールについて取り上げます! 1. 派遣の3年ルールとは 1.1 個人単位の期間制限とは 1.2 事業所単位の期間制限とは 1.2.1 事業所単位の期間制限の延長 2. 3年経過…

【第4回】派遣契約とは?契約期間、解除、注意点について

人員確保をするためには、正社員採用だけではなく、業務委託として請負契約をしたり準委任契約をしたりとあらゆる手法を使って取り組む必要が出てきます。 前回は業務委託の請負契約と準委任契約について説明しました。 www.pdm.tokyo 今回は、派遣契約につ…

年収400万円サラリーマンの妻は遺族年金はいくらもらえる?いつまでもらえる?

年金というと、65歳以上の老後にもらえるイメージがあると思いますが、遺族年金という形で、亡くなってしまった場合に、遺族に年金が支払われます。 遺族年金には、遺族基礎年金と遺族厚生年金の二種類があります。 生命保険に入るかどうか、夫がなくなった…

【徹底解説】学生納付特例を追納すべき3つの理由、保険にも節税にもなる!

学生納付特例は追納すべきかどうか迷っている人が多いのではないでしょうか。 日本の国民年金は、保険的な効果をするので、追納すべきだと考えています。 今回は追納すべき理由について、説明していきます! この記事では、学生の間の2年間(24ヶ月)、学生…

社内失業という大企業の闇

社内失業とは、雇用はされているが働く場を失っている状態を指しています。 会社から干されるケースは大企業では少なく、自らそのような状態になるケースが大企業では多いと感じます。 社内失業者に関しては、主任クラスが多いように感じます。少ないですが…

日本の管理職は短命、欧州の管理職は長生きである理由

日本の東京大学とオランダのエラスムス大学の研究チームにおける国際共同研究が行われて、日本と韓国の管理職(専門職含む)は短命であることが分かったという記事がありました。 ↓参照記事はこちら↓ https://www.excite.co.jp/news/article/Jcast_kaisha_35…

【就活生向け】大企業で出世していくとこんな感じ

はじめに 22歳〜27歳(若手) 仕事へのプレッシャーはほぼない 昇給はするけど手取りは増えない暗黒時代(額面300万円-450万円) 28歳〜32歳(主任クラス) 数字目標がついてきてちょっぴりプレッシャーが増す 主任となることで一人暮らしだと少し余裕が出る…

仕事ができないダメ社員の特徴をまとめてみた

仕事ができないダメな社員の特徴を独断と偏見でまとめてみました! 本当に独断と偏見ですので悪しからず。 ダメ社員の具体的な発言や行動 この会社に入るつもりは無かった発言 この会社マジで終わってる発言 見てないようで、見られてるからね!発言 理解し…

新卒サラリーマンが評価を上げるコツみたいなもの

新卒で入社した際に、同期の中でも頭一つ抜きん出るためにはスキルで抜けるのではなく、考え方や行動で見せつけるのが手っ取り早い! なぜなら、ポテンシャル採用が大部分だからです。 ということで、大企業でもベンチャーでも活かせる働き方のコツを伝授し…

【第3回】請負契約と準委任契約の違い

第2回では、IT業界でよく使う契約の種類の説明をしました。 今回は、第2回の中でも混同しがちな請負契約と準委任契約の違いについてご紹介していきます。 1. 請求権 請負契約の請求権 準委任契約の請求権 2. 瑕疵担保責任と善管注意義務 請負契約の瑕疵担…

【本当に効果のある】受験生に贈りたい三種の神器

本日(2019年1月19日)より、センター試験が始まったということで、受験シーズンが本格化する時期になりますね! 受験生向けではありますが、就活生や新卒など、安易に体調不良にはなれない人にもぜひみてもらいたいです! 受験生に贈りたい三種の神器といっ…

【第2回】サラリーマンの法務知識〜契約の種類について〜

IT業界ではどんな契約を使っているのか 売買契約とは 請負契約とは 受注者のリスク回避(先払い、与信管理) 発注者のリスク回避(瑕疵担保責任) 準委任契約とは 発注者のリスク回避(善管注意義務) 受注者のリスク回避(先払い、与信管理) IT業界ではど…

【第1回】サラリーマンの法務知識〜そもそも契約ってなんだろう〜

プロダクトマネージャーの仕事についてです。ビジネスマンに取ってももちろん必須ですが、法務知識はプロダクトマネージャーに取っても必須な知識になります。そんな契約というビジネスのキホンについて、就活生や新入社員でも参考になるような内容を提供で…