管理職サラリーマン。

様々な職種を経験してきた中途半端な管理職サラリーマンが贈るブログ

謎の多いプロダクトマネージャーの呼び名、役職、仕事をザックリまとめてみた

プロダクトマネージャーってなんですか?

こんな質問をよく聞かれますし、就活生なんかはこんな職種があるということを知っている方々は少ないじゃないでしょうか。

 

前の会社でも、今の会社でもPMをやっていますが

 

私の思うプロダクトマネージャーとは、

会社によっても、担当するプロダクトによっても、そのチーム状況によってもやることは違う。つまり、「何でも屋さん」です。 

 

プロダクトマネージャーの呼び名

こんな呼び名で呼ばれています。

私自身は、PMと名乗っています。本当はPDMと言いたいのですが、世間的には浸透していないので。。

  • PM(多いけどプロジェクトマネージャーと区別つかない)
  • PDM(プロジェクトマネージャーと区別するため)
  • プロマネ(少ないけどごくたまに)
  • プロダクトマネージャー(一番多い)
  • プロダクト責任者(社外に簡単に説明する時に)

 

プロダクトマネージャーの役職

かなり不透明であり、会社によって違います。

プロダクトマネージャーの偉い版として、シニアプロダクトマネージャーと名乗っている方もいます。

プロダクトマネージャーと名乗っていても、その会社の役職体系にはそんなものはなく、独断(?)で「私はプロダクトマネージャーです」と名乗っている方もいることでしょう。

実際には下記の役職に属するパターンが多いです。ほぼ全てですね(笑

  • 部長クラス
  • 課長クラス
  • 係長クラス
  • 単なる平民

 

プロダクトマネージャーの仕事

とにかくプロダクトを良いものにするために、仕事を作ったり、仕事を遂行したりしていきます。

そうなると、バリューチェーンのすべてに絡んでいく必要があります。

 

開発責任者をPMと名乗るケースを見たことがありますが、開発というのはバリューチェーンのたった1つのポイントでしかありませんので、開発だけやっているのはPMではないというのが私の意見です。それは単なる開発マネージャーだと思っています。

 

大雑把に列挙するとこんな感じです。

  • プロダクトの道案内役(マーケットや競合を意識して将来像を描きます)
  • トップラインを上げる(売れないと意味がありません)
  • 収支をよくする(売れても赤字ではプロダクトが潰れちゃいます)
  • 社内外の何でも相談役(全ての情報が集まるハブ的な存在)
  • 時には謝り侍(謝りの特攻隊長としてお客様訪問するケースもあります)
  • その他足りないことすべて(ここがプロダクトマネージャーという真髄と感じてます笑)

 

プロダクトマネージャーに必要なスキル

正直よくわかりません。。。

 

経験的な感じですが

 

  • テクニカルスキルが圧倒的
  • セールススキルが圧倒的
  • マーケティングスキルが圧倒的

という感じのスキルを重要視するのではなく

 

ソフトスキルとして

 

  • 社内外で調整力に長けた人
  • 課題解決にあらゆる手段で尽力できそうな人
  • エスカレーション(共有)が適切なタイミングで適切にできる人
  • 分析したがりな人

というソフトスキルを持つ人がこのポジションに付くケースが多かった印象です。

 

PMあるあるではありますが、一人一人のバックグラウンドがバラバラな職種でもあります。

 

もちろん、コーディングに長けたスーパーエンジニアがPMになるケースもありますし、マーケティングのエキスパートがPMになるケースもありますよ!

 

結局、プロダクトマネージャーって?

プロダクトマネージャーって何だろう?というのを簡単に書き殴りましたが、実際にはこういうのこそPMだよ!っていう他の意見も多々あると思います。

 

そして、そういった別視点のPM像があるというのが、プロダクトマネージャー(PM)の実際でもあります。

 

結局のところ、PMも色々なんです!

 

そして、PMは多種多様なので、そんな意見も私自身は受け入れますし、私自身が数年後に同じ記事を書いたら、全く別の視点を持ったPMに変貌していて、PMはこうなんだ!と全く別の事を言っているかもしれません(笑