プロダクトマネージャーあれこれ

PJMではなくPDMのPMです!

マーケットシェアとは?クープマン目標値

マーケットシェアは、その市場の中で自社の製品はどのくらいのシェアがあるのかを知る時に使います。

 

また、新しいプロダクトを企画する時にも、競合がどのように市場を占有しているのかの事前調査にも利用します。

 

例えば、2017年12月における携帯キャリア3社のシェアは下記のようになっています。(総務省発表)

NTTドコモ
39.9%
KDDI(au)
27.4%
ソフトバンク
22.3%

その他(格安SIMと言われるMVNO事業者など)

10.4%

 

一見すると、やっぱりドコモすごい!となりますが、あくまでも2017年12月時点のシェアであり、点での情報です。

 

こういったマーケットシェアを読み解く際には、時間経過を見ていくことが非常に重要です。

 

NTTドコモのシェア推移

2016年12月
41.1%
2017年3月
40.9%
2017年6月
40.8%
2017年9月
40.5%
2017年12月
39.9%

 

このようにみると、シェアが段々と落ちていることが分かります。

 

そのため、シェアをみるには、時間経過でみることと、競合他社のシェアもみていくことが重要だったりします。

 

それでは

クープマンの目標値です。

73.9%:独占的地位

41.7%:相対的安定

26.1%:強者の最低条件

19.3%:拮抗する競争状態

10.9%:市場認知

6.8%:存在を許される下限

 

こんな指標があるんだということを覚えていれば十分かなと思ってます。