プロダクトマネージャーあれこれ

PJMではなくPDMのPMです!

楽天市場とAmazon(アマゾン)を利用者視点で比較してみました

アマゾン経済圏にどっぷり浸かっていたので、その対抗馬である楽天市場は眼中にありませんでした。

理由は、楽天市場はなんかガチャガチャしたイメージがあり、勝手に敬遠してました。 あとは、出品者も洗練されておらず、トラブルもあるんじゃないかなという勝手なイメージで使っていませんでした。

とはいえ、楽天カードマンになった今は、楽天市場で購入するとポイントが多く付与されるので、2ヶ月ほどは全てを楽天市場に切り替えた生活を送っていたので、その感想を綴りたいと思います。

楽天カードマンになってみた感想の記事も併せて紹介しておきます!
楽天カードのメリットはこちら
楽天カードのデメリットはこちら

楽天市場もアプリなら洗練されている!!

楽天市場はごちゃごちゃ感があり、嫌だなぁとイメージしていたのですが、 今のご時世では基本的には、スマホのアプリで買い物しますよね?

そう、楽天市場もスマホアプリならレコメンド(売れ筋や表示順など)のところでアマゾンには劣るけど、 こんなに使いやすいんだという良い印象に変わりました!!

左は楽天市場、右はアマゾンです。
どちらも、「水 2l」で商品検索をしています。

f:id:pm-pdm:20190710172959p:plainf:id:pm-pdm:20190710172953p:plain

注文キャンセルのしやすさはアマゾンの圧勝!

アマゾンはキャンセルボタンでワンクリックでキャンセルできます。

一方の楽天は、出品者にメールを送って、了承をもらったらキャンセルできる仕組みです。 正直、使いづらいし、大変です。

楽天24という楽天が出品者として出品している商品については、アマゾンのようなキャンセルも可能ですが、 楽天24というのが必ずしも、一番安い訳でも、口コミ的に良い品を扱っている訳ではないのがマイナスポイントです。

配達スピードは楽天の惨敗!

アマゾンの場合には、東京都内とそれ以外とでも違うかもしれませんが、東京都内では基本的には翌日に届きます。 圧倒的に早いし、在庫も豊富で、遅延もほぼないイメージです。

一方の楽天は、遅いです! 「あす楽」なるサービスもありますが、限られた商品だけでショボいです。 基本的には、物流まで握っているアマゾンに対抗できていません。

極め付けは、楽天には定期的にお買い物マラソンなどのキャンペーンをやっているのですが、こういうキャンペーンの時には配送遅延が複数の商品で発生しました。まだ短い期間しか使っていないのに!!

送料無料サービス

アマゾンでは通常会員でも、2,000円以上の買い物で送料が無料になります。 プライム会員になると、2,000円以下の買い物でも送料が無料になります。 つまり、プライム会員は最強!!ということになります。

楽天については、基本的には送料がかかります。 「楽天プレミアム」というアマゾンでいうプライム会員制度もありますが めちゃくちゃユーザビリティの低い会員制度となっています。

楽天プレミアムについて、楽天市場の特典だけでいうと 買い物金額の合計が2,000円以上の場合に送料が無料になるという制度です。 しかも、対象店舗のみで2,000円以上の買い物が対象です。

例えば、対象店舗Aで1,000円、対象店舗Bで1,000円の買い物をしても、合計が2,000円以上にも関わらず、無料にはなりません。

また、対象店舗ではない場合には、送料分をポイントで還元する仕組みがあります。 これもまた微妙なんです。

楽天市場では、送料が高い店舗が多いのですが(500円超えることも多々ある)、送料のポイント還元の上限が500円!!です。

私も、楽天プレミアムは無料で1ヶ月入ることができるキャンペーンをやっているので試しましたが、、 日用品を買うという目的で、同じ店舗から2,000円以上なんて到達するのが難易度高すぎました。

無理やり、同じ店舗で買い揃えようとしても、他の店舗なら、もっと安い製品があるのになといった感じで 送料無料を手に入れるために、結果的に高い商品を買うなんてことにもなりかねない制度でした。

(まとめ)楽天市場 vs Amazon(アマゾン)

楽天市場 Amazon(アマゾン)
アプリ画面操作(検索しやすさ)
注文キャンセルのしやすさ ×
配達スピード ×
送料無料 ×
有料会員制度の特典 ×

正直、アマゾンの無料会員と楽天の有料会員(楽天プレミアム)を比べても、アマゾン無料会員に軍配が上がります。

ということで、買い物についてはアマゾン経済圏にどっぷり浸かる決意をして、楽天プレミアムは無料期間のうちに解約しました!