管理職サラリーマン。

様々な職種を経験してきた中途半端な管理職サラリーマンが贈るブログ

IT業界でよく使われる用語をまとめてみた

IT業界の人が自然と使っている「用語」について、その他業界の人が聞くと違和感がありそうなものをまとめてみました。

いわゆるIT業界の業界用語です!

とは言いつつも、あくまでも私の主観が強く入っているので、その点は悪しからず。

1. ティーではなくテー、ディーではなくデー

例えば、FTPというネットワーク用語があるのですが、これを「エフ・ティー・ピー」ではなく、「エフ・テー・ピー」と呼んだりします。

同様に、DBというデータベースを指す用語を、一般の人は「ディー・ビー」と読んでしまうと思いますが、IT業界の人たちは「デー・ビー」と読んだりします。

なんか昭和チックな感じですよね。

新卒でこの業界に入った時に、かなーり違和感があったのですが、今となっては違和感"0"です。

2. 「レイヤ」が違う

ネットワークの世界には、レイヤ(階層)という考え方があり、物理レイヤ、ネットワークレイヤ、アプリケーションレイヤなどがあります。

アプリケーションレイヤの話だからネットワークレイヤは関係ないよ!なんていう際に、「レイヤが違う」などとシンプルに言ったりします。

これを応用する形で、システムの話とは関係ないときでも、「全然違うレイヤの話をしてますよね?」なんて使ったりしています。

3. 「バッファ」を持つ

スケジュールに余裕を持たせる時や、人的リソースに余裕を持たせる時などに、「バッファを持つ」など使ったりします。

元々、メモリにバッファさせるなど、一時的な記憶領域の場所を指す用語として使われている用語を応用的に使用している例だったりします。

4. 「デフォ」でいいよ、「デフォルト」でいいよ

初期設定のことをデフォルト値といったりします。

この用語を応用して、判断する際に何か聞かれた時に、デフォルト(最初の状態)ではどうなってた?など使ったりします。

5. 「ローカル」では試した?

ローカルというのは、手元のPCのことを指します。 つまり、クラウド上のサーバではなく、自身のPCのことですね。

何か試験する際などは、サーバで試験する前には、ローカルで試験したりしますので、こういった際にローカルではどうだった?などの会話が発生します。

6. 「スクラッチ」でやるの?

スクラッチ開発という用語があります。 これは、何かありものを使って組み合わせて構築するのではなか、ゼロから構築することを指します。

そのため、「スクラッチ」でやるの?というのは、ゼロから考えてやるの?という意味になります。

難しいですねー、IT業界は。。

7. 「トリガー」は誰?

トリガーとは、銃のトリガーから来ています。 そこから、IT業界では、よく何かアクションを起こす「きっかけ」のことを「トリガー」と言ったりします。

これは、システム的なトリガーも指しますし、人にアクションを起こさせる際に、誰がトリガーを引くなど応用して使ったりします。

8. メールを「トレース」して

トレースとは、システム障害が発生した時に、ログというのを障害発生時点からさらに遡り、なぜその障害が発生したのかを調査する際に、トレースして調査するなど使ったりします。

痕跡を辿るという意味ですね。

この応用で、メールを「トレース」するというのは、痕跡を辿り、メールのやり取り内容の時系列を追えという意味だったり、言った言わないの痕跡を見つける際に、「トレースして」と使ったりします。

9. 「グレップ」して

これだけは、少し偏っているかもしれません。少なくとも、私の周りでは使われていたりしますが。

grep(グレップ)というコマンドがあり、これを使うと、指定した文字列で、簡単に絞り込むことができます。

このことから、絞り込んでほしい時に、「グレップしてみて」と使ったりします。

これはIT業界の中でも、通じるのはエンジニアに対してのみかもしれません。

  1. 「安全側」に倒す システム設計する際には、必ず何か故障があったときにどうするかを考えます。

そのときに、常に安全側に動作するような設計をします。

例えば、サーバに何かあった際にはそのまま稼働をさせると影響が全体に及ぶこともあるので、影響を限定化させるために、敢えてサーバ自体を停止させたりします。

つまり、影響が出てもいいけど、安全な選択肢を取るもいうことを指します。

これを応用して、何か判断する際に、リスクの最も少ない選択肢を取る際に、「安全側に倒す」というのを使ったりします。

どうでしたか?

由来としては、エンジニアが対システムで利用していた用語が徐々に会話の中で応用され、さらに営業など他の職種の人にも伝播していって、業界用語化していったのではと考えてます。

まぁ慣れなので、IT業界に入ってしまえば、すぐに習得できると思います!