管理職サラリーマン。

様々な職種を経験してきた中途半端な管理職サラリーマンが贈るブログ

仕事ができないダメ社員の特徴をまとめてみた

仕事ができないダメな社員の特徴を独断と偏見でまとめてみました!

本当に独断と偏見ですので悪しからず。

ダメ社員の具体的な発言や行動

この会社に入るつもりは無かった発言

悲しいのが、高校生とか大学生にもいるんですよね。こういう発言する人は。

つまり、学生から進化できていない新卒に多い。

自分はもっとすごい会社に入りたかったんでしょうが、結果を受け止められないというのはまだまだ未熟な証拠です。

この会社マジで終わってる発言

そんな会社に勤めているのは、あなたです。

見てないようで、見られてるからね!発言

何か注意する時に、自分では指摘できないタイプに多い。

◯◯部長は実は見てないようで見てるからね、私はそれくらいいいと思うけど気をつけてね。といった具合に使うケースが多い。

大抵は、そいつしか気にしていない。 部長はそんな小さいことは気にしてません。

理解していないのになるほど連発

なるほど連発するくせに、じゃあ理解したことを話してみてというと、口ごもる特徴あり。

もう辞めたいって言ってるくせに辞めないヤツ

構ってちゃんが多い印象。 あなた程度であれば、すぐに他は探せるから、引き留めは気持ち程度ですよ。というパターンが多い。

もう本当に辞めるって言ってまだまだ辞めないヤツ

どこの企業でも共通。 できない人ほど、会社にしがみつきます。

実は転職サービスに登録したんだ、本当に辞めるかもって言い続けてもマジで辞めないヤツ

ここまでいくと、自分の市場価値が分かって、転職できないことに気づきます。 もしくは、転職できても条件は下がるパターン。

こんな事を口にしても、会社からの引き留めは気持ち程度です。

プラスにはならないですよ。

引き留めにあったことを自慢げに口外するヤツ

辞めるポーズを取った人に対して、引き留めるアクションを取るのは、決してあなたが仕事ができるからではないです。 ※仕事できるパターンももちろんあります

辞められると、管理職としての評価が下がる。会社の評判(離職率にキズがつく)が下がる。他部署から人を異動させるにしても調整が超大変。すぐに異動可能な人は、性格に難があるか、仕事ができない人。新規で採用するにしても、すぐには人は取れない。などなど

独り言が多い

パソコンに向かって独り言。 最悪なのはぶつぶつ、そして舌打ちパターン。

口頭でしか教えないくせに、アイツ質問多いんだよ発言

自分の教え方を見直した方がいいかも。

ホワイトボードを活かしきれない

この手の人は、説明下手が多い印象。 何言ってるか分からないから、ホワイトボードを使って説明してと言っても、結局ホワイトボードを使わない。使っても何のための絵を描いてるのか謎。

自分にしかできない業務を作る

一見、その人にしかできない業務はすごそうにみえますが、単純に展開できていないだけのパターンが多い。 研究職とかプロスポーツ選手ならわかりますが。

自分にしかこの業務はできないんだ!というのをいいことに、「いやぁこんなスケジュールじゃできないよ」とか上から目線を連発。

自分にしかできないというのは、三流であることを意識したい。

引き継ぎが下手クソ

引き継ぎが下手くそというのは、自分の仕事を誰かに渡したくないというケースと業務を洗い出してまとめる能力がないというケースがある。

前者は、その仕事を奪われると自分の居場所がなくなって困る人。

後者は単純に仕事ができない人。

結局は、どちらも仕事ができない人。

圧倒的な指示待ち人間

仕事を探せる人、仕事を拾える人、仕事を奪える人はどこの職場でも重宝されると思います。

圧倒的な指示待ち人間は、本当に動かないんですよね。 マイクロマネジメントしても、本当にそれしかやらないから、応用しようという気もない。

ポカする人は永遠とポカし続ける

ポカ(ちょっとしたミス)する人は、決まって同じ人。

ちゃんと対策できればいいんですが、自身で対策も立てられない。 上司が対策を立てると、大抵は入念な確認行為が増えるので、業務負荷が高くなり、仕事が遅くなる。

仕事が遅くなると、他の仕事を頼めなくなる。さらに、不満も出る。

対策を軽減してあげると、またポカをする。

本当にやってられない。

あとがき

これらのダメ社員の特徴は、これまでの経験から独断と偏見で書き並べましたものです。

サラリーマンは、会社という一つの村で業務を遂行します。 その上で、他者と一緒に協調して、複数人で遂行するのが基本です。

これらの意識が欠けている人が、やりがちな発言や行動ばかりではないかなと思ってます。

専門職や少数精鋭の会社では、当てはまらないかもしれませんが、いかがでしたでしょうか。