管理職サラリーマン。

様々な職種を経験してきた中途半端な管理職サラリーマンが贈るブログ

武器もないのに婚活で年収1000万円を狙うのは無謀という話

タイトルの通り、武器もないのに婚活で年収1000万円を狙うのは無謀だよねっていう話になります。

ただ、容姿が非常に優れていたり、自らも年収1000万円であれば妥当だと思います。

誤解しないでほしいのは、自論が多いのでかなり主観が入ってます。 また、容姿・性格・コミュニケーション能力など様々なファクターがある中で、年収というのはその一部にしか過ぎないということになります。

今回のブログは、年収という側面だけ見た時の話となります。

1. 年収1000万円の層はバカじゃない

例えば、年収1000万円を条件としている年収500万円の正社員の女性と、年収100万円のアルバイトの女性だったら、どちらを選ぶか?

独り身であれば手取り700万円程度(額面1000万円の場合)を自由にお金を使えますが、結婚をすることにより自分の使えるお金がどれくらいになってしまうんだろうと男性側は計算するはずです。

打算的とまでは言わないのですが、年収が高い層は、計画的で理論的な人が多いはずです。

そして、同じ容姿であれば、年収500万円の女性をファーストチョイスすると思います。

あとは、かなり主観が入りますが、年収が高い層は、どちらかというと理屈っぽく、攻撃的な人が多いと思います。もちろん全員が理屈っぽく攻撃的ではありませんが、そのくらいの年収に到達するためには、男性側も仕事では強くなければ難しいのです。そのため、そういったタイプの男性が多いと感じてます。

つまりは、女性に対しても、理屈っぽく、批判的な目でフィルターにかけるはずです。

特に、自分と比較して十分な年収のない女性には、コイツは完全に人のお金を当てにしているなと逆に悪い印象を持つ男性が多いのではないでしょうか。

2. アラサー年収1000万円プレイヤーを掴むにはレッドオーシャンに飛び込む必要がある

婚活をする年代でいうと、20代後半〜30代後半がメインな層になると思います。

30代後半になると役職付きが増えるので年収1000万円の層は増えますが、狙いたい層であるはずの20代後半〜30代前半で年収1000万円なんて、医者や弁護士などの特別な職業を除いて、サラリーマンでは本当にごく一部の層です。

いわゆるアラサーで年収1000万円プレイヤーなんてかなりの少数派になるので、レッドオーシャンに飛び込む形となります。

プロダクトの企画でいうと、レッドオーシャンに飛び込むなんて、相当画期的な機能があって、競合他社に負けないものがある場合じゃないと通りません。

婚活の世界でいうと、容姿が特別優れているとか何か他の女性と比べて秀でたものがないとまずは無理です。

3. そもそも年収1000万円を捕まえても贅沢はできない

一馬力の年収1000万円では贅沢できません。

子供がいて専業主婦で贅沢をしたいという願望を叶えるには年収1000万円では無理なのです。

お金に困ることはありませんが、想像以上に普通の生活になります。

子供がいない+専業主婦であれば、プチ贅沢はできると思いますが、リッチなレベルにはいきません。

年収1000万円というと響きがいいのですが、現実は違いますよということですね。

4. では年収1000万円を狙える可能性の高い女性とは

4.1 圧倒的な容姿

言わずもがな、容姿です。

婚活パーティーでもなんでもいいです。

結局は容姿から入るので、容姿はめちゃくちゃ武器になります。

4.2 自らが高学歴になる

高学歴だと何がいいかというと、学生時代の周りの友人が、日系の大企業ばかりとか、外資系ばかりみたいな状況になります。

つまり、学生時代の友人が高年収になる可能性が高いということになります。

また、こういう高レベルな環境にいると、友人の輪の拡がりもコミュニティとしてレベルが高かったりします。

卒業後の同窓会とかも有効活用できますね。

30歳くらいで同窓会なんてあったら、周りはある程度高年収ゾーンに入っている可能性が高まります。

4.3 自らが年収の高い企業に入る

年収1000万円になるには、日系のある程度体力のある企業に入る必要があります。

日系だけではなく、外資系の金融とかIT企業に入るとかも有効です。

こういう人たちと出会うためには、やはり自らがその企業に入ることが手っ取り早いです。

なぜなら、接点が圧倒的に多いから、断然有利になります。

このような企業に自らが入るためには、確率論として高学歴の方が可能性は高くなります。

中途であれば、前職の実力や実績が重視されますが、新卒や第二新卒であれば、ある程度の学歴は求められますので、高学歴であると変な学歴フィルターに引っかかりません。

4.4 自らが出世する

ビジネス上では、対峙する相手をカウンターパートと呼んだりします。

カウンターパートは、大抵同じ役職レベル同士となるケースが多いです。

担当者は担当者間。課長レベルは課長間でのやり取りが多くなります。

ビジネスなので、出会いとは違いますが、年収が高い人と接点を多くするという意味合いでいうと、自分の役職を上げるというのが手取り早いです。

そうなると、飲み会を含むビジネス上のお付き合いでは、同じ役職レベルの方と接点を持つことが多くなります。

4.5 自らが年収の高い職種に就く

年収が高い職種ってありますよね。

例えば、医者、弁護士、公認会計士などです。

結婚をするためには、こういった層の人たちと接点を持たないといけません。

では、接点を多く持つためにはどうするべきか?

当たり前ですが、自らが医者、弁護士、公認会計士になるのが手っ取り早いです。

もしくは、看護師、弁護士事務所で経理・事務をやる、公認会計士が多く所属する監査法人に勤めるなどをすることによって、接点が多くなります。

つまりは、自らが年収の高い職種のコミュニティに入るということこそ、効率のよい方法となります。