管理職サラリーマン。

様々な職種を経験してきた中途半端な管理職サラリーマンが贈るブログ

厚生年金は年収が高ければ高いほど多く貰えるわけではない

老後資金はサラリーマンにとっては不安ですよね。

年収が高いとそれだけ多くの厚生年金を貰えるかというと半分正解で、半分誤りです。

また、年収が高い方の方が基本的には生活レベルが高いので老後に必要な資金も高くなるはずです。

1. 厚生年金は月収60.5万円以上は一律の保険料となる

厚生年金は、所得税とは異なり、月収が多ければ多いだけ保険料が上がる仕組みではありません。

つまり、一定以上の月収を超えると、保険料は一律となります。

その月収は、60.5万円です。 ボーナスなしで年収換算すると、年収726万となります。

年収726万(ボーナスなしで)以上の方が徴収される毎月の保険料は、現在だと56,760円となります。

月収61万円でも、月収100万円でも、月収200万円でもこの56,760円という保険料となります。

どうでしょうか? 月収が高い方はラッキーと思いましたか?

月収60.5万円以上の方はこれをお得にみるかどうかは、次の章をご覧ください。

2. 保険料が一律ということは貰える年金も変わらない

当たり前ですが、保険料が同額ということは将来貰える厚生年金も同額ということになります。

これはどういうことかというと、年収726万円、年収1000万円、年収2000万円とで、働いている時の生活レベルは違うはずです。

なぜなら、年収が違うからです。

ただし、年金生活に入ると貰える厚生年金額は同額になります。

つまり、年収726万と年収2000万円で貯蓄額が同額だった場合には、同じ生活レベルになるということになります。

年収726万円の方は現役時代とさほど変わらない生活レベルでいけたとしても、年収2000万円だった方は生活レベルをグッと落とす必要が出てきますね。

つまり、生活レベルを落とさないためにも年金をアップさせるか、個人年金(貯蓄含む)をする他ありませんよね?

3. 国民年金をアップさせる方法

3.1 サラリーマンでは付加年金に入れない

国民年金をアップさせる方法としては、付加年金を払うという方法があります。

ただし、付加年金は厚生年金に加入しているサラリーマンでは払うことができませんので、選択肢からは外れます。

ちなみに、付加保険料は、月々400円を上乗せして納めます。

付加保険料を納めることで、「200円×付加保険料納付月数」の金額だけ上乗せした年金が受け取ることができる制度です。

これはめちゃくちゃお得になるので、サラリーマンではない方は絶対にやった方がいいです。

3.2 学生時代に学生特例で免除されている人は追納でアップ

追納するかどうかは人によって考え方が異なります。

現在の制度においては、平均寿命まで生きることを前提とすると追納した方がお得です。 また、仮にものすごく長生きしたことも想定すると、追納した方がリスクが少なくなります。

こちらの記事をご参照ください。 www.pdm.tokyo

4. 厚生年金をアップさせる方法

4.1 早く働く

厚生年金に加入する時期は早ければ早いほど、長く収めることができます。

年収が同額と仮定した場合には、高卒、大卒、大学院卒の3名がいたときには、貰える年金額が多いのは高卒です。次に大卒。最後に大学院卒となります。

こればかりは、すでにサラリーマンの方は変えられる話でもないですし、年金のために学歴を意識するなんてバカバカしいので現実的な方法ではありませんね。

4.2 早く昇給する

月収が多ければ多いほど、厚生年金の保険料を多く払うことができます。

つまりは、早く昇格して早く昇給して、なるべく早いタイミングで、上限の月収60.5万円に到達すればいいわけです。

4.3 ボーナスの回数は多い方がいい

ボーナスなしで、年収1000万円よりも、ボーナスありで、年収1000万円の方の方がより多くの厚生年金を受け取れます。

なぜならば、ボーナスからも厚生年金保険料は徴収されるからです。

さらに月収の場合には、月収60.5万円以上は、一律56,760円の徴収額でしたね。

一方のボーナスの場合には、月額150万円以上は、一律13万7,250円の徴収額となりますが、150万円までは「報酬額×1.83%×1/2」の徴収額となります。

1/2となっているのは、会社が半分払ってくれるからです。

これも人によって、反応は違うと思います。

ご自身で運用している方は手取りを多くしたいと考えるので、ボーナスでも厚生年金が引かれるなんて迷惑だと考えるはずですので。

5. 個人年金で増やす

idecoや投資、貯蓄をやる選択肢です。 idecoや投資は減る可能性もありますが、時間を味方につけたドルコスト平均法でコツコツ積み立てることでそのリスクも可能な限りリスク回避することができます。

idecoは税制面から賛否ある制度ではありますが、コツコツ積立するにはいい制度だと思ってます。

自身で年金専用に何か資金運用するといってもなんだかんだ他の出費に使っちゃったりしますからね。 特に私の場合はそうです。。

保険料の上限を超える月収を貰ってる方は、余裕資金から自分なりに老後資金となるような貯蓄を自主的に実施した方がよいです!