管理職サラリーマン。

様々な職種を経験してきた中途半端な管理職サラリーマンが贈るブログ

【2020年4月】イオンゴールドが年間80万円120回利用で手に入った!

イオンゴールドカードは、巷では様々な条件が囁かれてます。

  • (唯一の公式条件)直近1年間で100万円以上
  • 総利用料が500万円以上
  • 直近1年間で80万円以上 かつ 120回以上の決済
  • 直近1年間でイオングループの店で60万円以上

数年前までは、以下の条件でもインビテーションが届くという噂もありました。

  • イオン銀行に定期預金500万円以上
  • イオン銀行に定期預金100万円以上を1年以上継続して預入
  • イオン銀行で投資信託を一定の金額購入(100万円以上ならほぼ確実と言われていた)

イオンセレクトカード(ノーマル)を利用していましたが、この度イオンゴールドカードに転身しましたので、取得までの時系列について紹介します!

結論からいうと、2020年4月現在でも年間120回かつ80万円利用でゴールドカードのインビテーション(招待)が届きます!

1. イオンカードをゴールドにするモチベーション

イオンゴールドカードにすることで、「イオン銀行Myステージ」で30点ゲットできて、念願のプラチナステージ(金利年1.5%)にアップできるというのが取得モチベーションです。

100万円預け入れると年間1500円
1000万円預け入れると年間15000円
金利でもらえることになります!

少ないっちゃ少ないのですが、何もしなくても増えるというのは魅力的です。

しかも、メガバンクの普通預金金利が0.001%とかの時代なので、メガバンクに眠らせておくのは相対的に損してる気分になります。

だったら貯蓄用はイオン銀行を使おうって発想で数年前からイオン銀行を貯蓄用として利用しており、金利が最大となるプラチナステージにすべくイオンカードのゴールド化を目指していました!

2. 年間80万円120回利用の非公式条件にトライ!

自宅近くには、イオンがないのでイオングループで年間60万円利用というのは難しい条件。

年間100万円利用の公式条件については、メインカードがイオンカードではないので、100万円もイオンカードで使ってしまうのはちょっと無駄だな感もありました。

そこで、イオンゴールドカードを取得するために目指した条件が、「年間80万円120回利用」です!

3. インビテーション(招待)が届くまでの詳細時系列

2019年11月から本格的にイオンカードでの決済を開始しました。
実はそれまでは一切クレカ利用してませんでした。

ちなみにイオンカードの締日は毎月10日で、引き落とし日は翌月2日となります。

利用日
(引落日)
利用回数 利用額 年間の累計利用回数/累計利用額
2019/11/11
~2019/12/10
(2020/1/2)
5回 15,704円 累計5回/15,704万円
2019/12/11
~2020/1/10
(2020/2/2)
42回 247,964円 累計47回/263,668円
2020/1/11
~2020/2/10
(2020/3/2)
74回 461,561円 累計121回/725,229円
2020/2/11
~2020/3/10
(2020/4/2)
17回 90,298円 累計138回/815,527円

120回利用達成日と80万円利用達成日は以下のとおりです。

  • 実際に120回目がオンライン明細に載った日:2020/1/31
  • 120回目の利用が達成した締め日:2020/2/10
  • 120回目の利用のものが引き落とされた日:2020/3/2
    ※ちなみにこの時の年間の累計利用金額: 725,471円

  • 実際に80万円到達した購入物が明細に載った日:2020/2/26

  • 80万円支払いが達成した締め日:2020/3/10
  • 80万円支払い達成したものが引き落とされた日: 2020/4/2

つまり、年間の累計利用120回と80万が達成した締日は2020年3月10日で、その利用分が引き落とされたのは2020年4月2日ということになります!

120回80万円の条件達成した締日 120回80万円の条件達成した引落日
2020/3/10 2020/4/2

4. インビテーション(招待)が届いた日

  • 2020/1/31(120回利用が明細に載った)時点では、ゴールドカード切替の画面表示されず。
  • 2020/2/3時点では、ゴールドカード切替の画面表示されず。
  • 2020/2/11(120回利用達成の締日翌日)時点では、ゴールドカード切替の画面表示されず。
  • 2020/2/26(80万円利用が明細に載った)時点では、ゴールドカード切替の画面表示されず。
  • 2020/3/3(120回利用達成のものが実際に引き落とされた翌日)時点では、ゴールドカード切替の画面表示されず。
  • 2020/3/11(80万円利用達成(120回かつ80万円利用達成)の締日翌日)時点では、ゴールドカード切替の画面表示されず。
  • 2020/3/29(80万円利用達成(120回かつ80万円利用達成)の利用金額が確定した日)時点では、ゴールドカード切替の画面表示されず。
  • 2020/4/3(80万円利用達成(120回かつ80万円利用達成)が実際に引き落としされた翌日)で、ようやくゴールドカード切替の画面が表示されました!

↓実際のゴールドカードへの切替画面↓

イオンカードの暮らしのマネーサイトにログインし、各種お手続きから、赤枠の「各種カード切替 追加カード申込み」をクリックします。

すると、赤枠の「イオンゴールドカードセレクトのお申込み」というボタンが出現しているのでここから申込みをします!

  • 2020/4/15 ゴールドカードへの書面のインビテーションが自宅に届きました!
    ↓書面のインビテーション↓

つまり、年間利用120回かつ80万円が達成した買い物が、実際に引き落としされた日が、ゴールドカードへの切替日ということが判明しました!

ちなみに、先にWebからゴールドカードへの切替申請をしてしまったので、書面のインビテーションが届く前に、ゴールドカードが先に届きました笑

Webからは4/3に申請して、ゴールドカードは4/10に自宅に郵送されました!

5. 2020年4月時点でも、年間利用120回かつ80万円でゴールドカードを取得できる!

非公式条件ながら、いつかネットではこの条件が有効そうだなと思ってトライしましたが、無事にイオンゴールドカードを取得することができました!

↓実際に届いたイオンゴールドカード↓

決済としては、コンビニの細かな決済(100円台)がほとんどを占めてます。これが120回達成の大きな要因です。

80万円に短期間で到達できたのは、たまたま家電など大きな買い物があったからです。

あとはゴールドカード取得までは光熱費の支払いは全てイオンセレクトカードに寄せていました。

イオングループでの決済はおそらく5000円にも満たないと思います。

また、3/10締め日以降は一切イオンカードの決済をしていないので、システム的に事前定義された条件(今回でいうと年間120回かつ80万円)を満たせていれば、ゴールド切替画面を表示する仕様なんでしょうね。

2020年4月時点では、年間利用120回かつ80万円以上の条件は有効なので、イオンゴールドカード取得したい方はトライしてみてください!